子育て・教育環境

埼玉県・川口市の子育て支援・教育環境の充実度を調査しました。川口市への住み替えを検討中の子育て世代の方が気になる行政サービスや保育所情報もご紹介します。

平成27年度からは「子育て支援新制度」がスタート

埼玉県・川口市の子育て支援・教育環境の充実度

埼玉県南部エリアの中でも子育て支援が充実している川口市。平成27年度からは「子ども・子育て支援新制度」が始動となり、

1.質の高い幼児教育・学校教育の提供

2.保育の量的拡大、確保

3.地域の子育て支援の充実

に取り組んでいます。

新制度では、小規模保育園の支援を行い待機児童の解消を目指したり、幼児連携こども園制度を進めていくそうで、これまで以上に子育て環境の充実が期待されています。

また、平成30年には市内3校の市立高校を閉校し、県下一の高等学校を目指す新校の新設が決定しており、教育面での将来性もあります。

市民目線の親切・わかりやすい子育てガイド

市役所には「子ども育成課」と「子育て相談課」を設け、子育てに関するあらゆる悩みに応えています。

子育て中のファミリーが知りたい情報を集めたポータルサイト「ママフレ」では育児に関する行政サービス、施設や窓口の案内、保育サポートなどの情報を分かりやすく発信。届出、健康、お金、預ける、学ぶ・出かける、相談する、病院・救急など、埋もれがちな情報もしっかり拾い上げ、市民に届けているのは好印象です。

また、子育て中のパパ・ママのバイブルとなるのが「川口市子育てハンドブック」(ホームページからDLも可能)です。全84ページもある充実の内容で、川口市内の子育て関連施設の情報や遊び場、幼稚園・保育所情報、など、「ママフレ」同様に分かりやすく記載されています。

遊びの場、教育施設、スポーツセンターが充実

川口市といえば、子どものための遊び場や教育施設が充実しているのが特徴。川口市の北部にあり、日本の都市公園100選に選ばれている「川口市立グリーンセンター」は、植物温室や巨大滑り台、アスレチック、流水プール兼アイススケート場などがあり、休日になるとたくさんの家族連れでにぎわいます。

ほかにも、科学の不思議を体験できる「科学館サイエンスワールド」、自転車の貸し出しや乗り方を教えてくれる「児童交通公園」などの施設も充実。プール付のスポーツセンターの数も多く、市内に9箇所もあります。

ユニークな取り組みとしては、市内2か所で行われている「プレイリーダーと一緒に遊ぼう」という活動。こま、竹ぽっくり、手押し車などの昔ながらの遊びを体感できるほか、絵本の読み聞かせなども行っています。図書館や公民館の充実度も県下トップクラスです。

子育てで気になる医療制度については、残念ながら2014年10月以降、支給制限が設けられてしまいましたが、条件を満たせば中学生まで医療費が無料になります。

また、3歳までの子供を対象にした「フッ化物塗布」の助成もあります。フッ素治療は自己負担扱いとなる場合が多いため、これは嬉しい制度ですね。

ほかにも、3人乗り自転車を月額500円でレンタルする制度や、チャイルドシートの貸出・購入補助などもあり、きめ細かなサポートが整っています。

川口市の保育園・幼稚園の現況、待機児童は?

共働き世帯が気になる保育所や幼稚園の状況ですが、川口市では市が認定する保育園、幼稚園(私立幼稚園はのぞく)などに複数の子どもが通う場合の保育料を、最も年齢の高い子どもは全額負担、二人目の子どもは半額負担、3人目以降は無料としています。これは大きなメリットだと言えますね。

保育所の数も公営が30ヶ所、公設民営保育所が11ヶ所、私立保育所が45ヶ所と充実。そのほかに小規模保育所や、市内に42園ある私立幼稚園など、預け先に関してはさまざまな選択肢があります。待機児童はやや増加傾向にあるものの、新制度の取り組みによって徐々に解消されているようです。