HOME » 居住環境から見る、川口市の住みやすさ

居住環境から見る、川口市の住みやすさ

「子育て・教育環境」「買い物・自然環境」「公共施設・医療・福祉」など、川口市の住環境についてまとめています。

増え続ける人口、川口市の魅力は「住みやすさ」にあり!

東京都に隣接し、ベッドタウンとして人口を増やし続けている川口市。市内の広範囲に住宅地が広がり、川口市の中心地である川口駅、西川口駅付近にはマンションが建ち並んでいます。なぜ、ここまで川口市が人気なのか。それは圧倒的な「住みやすさ」にあります。

川口市は、総務省算出の実質収支が111億円で全国市区1位を誇る都市。行政サービスの質が大変高いことで有名です。都内へのアクセスが良く、大型ショッピングモールも充実、子育て環境も整備されていますし、なおかつ住宅費用もお手頃なので子育て世代を中心に住み替えで川口市を選ぶ人が多いのです。

以下のページでは、川口市の環境について詳しく解説しています。ひとりでも多くの方に川口市の魅力を知っていただけたら幸いです。

●子育て・教育環境

川口市が行っている「子育て支援制度」や「子育て関連施設情報」などをまとめました。子どものための遊び場や教育施設が充実している川口市の行政サービスについて解説。市営の保育所・幼稚園や民間の幼稚園の数、保育料の助成についても詳しくご紹介します。

●買い物・自然環境

3つの大型ショッピングモールを有し、買い物においては不自由のない川口市。それぞれのショッピングモールの特色や店舗の特徴などをまとめています。

また、買い物の利便性が高い一方で、緑豊かで自然環境も良く、住みやすさの面でも◎。川口市内にあるおすすめの公園もご紹介します。

●公共施設・医療・福祉

川口市は総務省が算出した実質収支が111億円で全国市区1位。財政面で豊かな市で、行政サービスの質が高いことでも有名です。川口市と言えば、公共施設が充実していることも魅力のひとつ。公民館と図書館の充実度は県下NO.1です。

ほかにも、地区ごとに設置されているスポーツセンターがあり、市民の交流も盛んです。気になる、医療・福祉制度についてもまとめました。