HOME » 契約前に不動産の知識を身につけよう » 不動産契約には様々な必要書類がある

不動産契約には様々な必要書類がある

不動産契約の必要書類

マンション

マンションなどの不動産契約をする際は、住民票や金融口座印、保証人の関係書類、住民票が必要になります。他にも身分証明書も必要になるので用意しましょう。身分証明書は運転免許書か保険証のコピーを用意しておくと良いです。

一戸建て

▶本人確認できるもの(運転免許証・パスポートなど)
▶印鑑(認印 or 実印)
▶住民票
▶収入証明書(源泉徴収票 or 確定申告書の写し)
▶住民税決定通知書(or 納税証明書)
▶印鑑証明書
▶手付金
▶印紙代(契約書に貼る印紙の費用)
▶仲介手数料

引用元:住まいの殿堂
http://www.sumai-dendo.jp/other/keiyaku/a_04syorui.html

土地

土地を購入する際に必要な書類は、住民票と売買契約書の2つです。マンションや一戸建て購入と比べると少ないといえるでしょう。

重要事項説明書は必ずチェックする

購入予定者に対して、不動産会社は口頭で購入する物件に関しての重要事項の説明をする義務があります。この重要事項の説明は、しっかりと聞いておくようにしましょう。

重要事項の説明を受けた後は、重要事項書に記載されている情報を確認して、受けた説明と認識のずれがないか、聞きそびれてしまったものがないかなどを確認してください。

また、他に気になる内容のものはないかもしっかりとチェックしておくようにしましょう。ここで受ける重要事項の説明を受けた後に、購入を先送りにする人もいます。

以下が重要事項説明の項目です。

物件について

対象となる物件の所在地と住所、面積についてです。この項目では、実際の面積と相違がないかをチェックします。他にも仮登記という設定がある場合も気をつけましょう。

もし、仮登記のままにしておくと、物件を所有することができなくなることがあります。

インフラ関係

電気や水道、ガスに関して記載されています。チェックすべきポイントは下水の処理に関する部分と負担金があるかどうかなどです。

供給施設の設備がまだな場合は誰が一体いつまでにやるのかということに関して確認しましょう。

敷地と建物

建物の構造と仕様、または敷地の形状について記載されています。ここでチェックすべきは、道路からの高さや傾斜があるかどうかです。

敷地内に気になるものがないかを探しつつ、しっかりと確認していきましょう。また、建物は雨漏りが発生していないかどうかも注意して確認するようにしておくと良いです。

法令上の制限に関して

法令上の制限を受けるようなことがあるかないかを確認します。区域によっては住宅を建てられない場所に建築をしてしまうことがあります。そうなると大問題なので、早めに確認して大丈夫化どうか見極めておく必要があるでしょう。

他にも、住宅が建つ区域にどのような建物を建てることができるかについて詳しく調べてください。できるだけ具体的に把握しておくと、購入を見送るかどうかに関しての良い判断材料になります。

契約解除に関して

契約解除に関しては、手付解除やローン特約による解除、契約違反による解除があります。

契約違反による解除は、買い主が予定された支払日にまで支払いをしない場合に発生するケースがあるのです。契約解除と同時に、違約金の請求もされることがあるため、気をつけましょう。

手付解除は買い手から手付けの放棄をすることでできます。売り主の場合は、手付けを倍返しすることで解除可能です。

最後にローン特約による解除についてです。ローン特約による解除は、予定していた住宅ローンが借りられない場合にできます。

その他、承認事項

購入者が購入前に知っておくべき情報が記載されています。この事項も今後の生活に大きく関わる可能性があるものなのでチェックを怠らないようにしましょう。

主に住宅周辺の環境に関することや設備不備など様々な内容が記載されています。1つ例を挙げると、近日中すぐ向いに高いビルが建つなどの情報です。

そのようなことがあれば、日当たりが悪くなることが容易に予想することができるでしょう。良い生活環境を手に入れるためにも、細かく確認しておくことをおすすめします。

引っ越しする際に必要な手続き

今住んでいる地域から川口に引っ越すという人もいることでしょう。新しい生活をするために引っ越しをするのであれば、様々な手続きをしなければいけません。

まずは住民転出届です。引っ越しをする際には、市役所へ行き住民票の移動手続きをしなければいけません。

最初は転出届けを提出し、引っ越した後は住民票などの必要書類と転入届を提出します。転出届を出した後は転入届を2週間以内に提出する必要があるということを忘れないようにしてください。

次に、国民年金や保険証の変更です。引っ越した後に市役所へいき変更の手続きをしましょう。これも2週間以内と決まっているので忘れず行なうようにしましょう。

次に携帯電話の住所変更です。携帯料金の支払いがコンビニでするタイプであれば、郵送で請求書が届くはずです。送り先をこれから住む住所に変えておくように気をつけましょう。

人によっては他にも、変更手続きをしなければいけないものは様々です。引越し前に、ノートに住所変更が必要なものをメモっておくなどして対策をしておきましょう。